腸内フローラ美活サラダ


♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪
\☆\☆\    vol.319   /☆/☆/

★大麦とヒジキの菌活サラダ
★味噌ドレッシングで!

♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪

※2015年5月5日の投稿です。

ゴールデンウィークも終盤となり
みなさんいかがお過ごしですか?

今年は四月の下旬から天気が
ハッキリしなかったり

昼間は暑いのに夜になると急に気温が
下がったりとなかなか身体がその変化に
追いつけずにいます。

こんな時期は、身体の中から元気に
していきましょう!!

そこで今回は
腸内環境改善レシピ第三弾として
今、世間で注目されている大麦を使った
サラダをご紹介したいと思います。

大麦とヒジキのサラダ

プチプチ食感の大麦やヒジキ、ミックス
ビーンズ、レンコン等を使って食物繊維
豊富なサラダにしました。

そして、発酵食品の代表ともいえる
味噌を使ったドレッシングと、腸の中を
整える食材をふんだんに取り入れた
レシピです。

腸は「第二の脳」ともいわれている
とても重要な臓器の一つ

腸内環境を整えることで
肥満予防、大腸がんなどのガンリスクの
軽減、成人病予防、美肌などなどアンチ
エイジング効果が期待されます。

おいしく食べながら、身体を健康に
保つレシピ!
簡単に作ることが出来ますので
是非一度お試しください。

 

<材料(4人分)>

・大麦…30g

・芽ひじき…5g

・ミックスビーンズ…50g

・ニンジン…1/2本

・レンコン…50g

・ミニトマト…3個

・玉ねぎ…中1/4個

・キュウリ…1本

[ドレッシング]

・味噌…大さじ2

・みりん…大さじ2
(みりんの代わりに砂糖でも可)

・酢…小さじ1

・ゴマ油…小さじ1

・おろし生姜…小さじ1

・水…大さじ1

・昆布出汁の素…(無くても可)少々

※使用する味噌によって味が違うので
お好みの味に調整して下さい。

<作り方>

1.
ドレッシングの材料をボウルで合わせ
冷蔵庫で冷やしておく

2.
芽ヒジキは水で戻しておく
(15~20分 乾燥時の約3倍になります)

3.
鍋にたっぷりの湯を沸かし、大麦を
茹でる(15~20分)、茹で上がり
1分位前にヒジキを加え一緒に
茹で上げる

茹でたらざるにあけ、水気を切り
冷ましておく

4.
レンコンは薄切り、ニンジンは
千切りにしサッと茹で、ザルにあけ
冷ましておく

5.
キュウリは千切り、玉ねぎは薄切りに
しておく

6.
ボウルにミックスビーンズとその他の
野菜を加えよく混ぜ合わせたら冷蔵庫で
冷やしておく

7.
食べる直前に器に盛り付け
ミニトマトをトッピングしたら
出来上がり。

味噌ドレッシングをかけて
お召し上がり下さい。
※シーチキンなどを加えても美味しく
いただけます。

≪大麦≫

大麦はあらゆる食物の中でも食物繊維の
含まれる量がトップクラスです。

白米と比較するとその量は約20倍
玄米では約3~4倍とう多さです。

食物繊維は昔、食べ物のカスという
認識が強かったのですが、その働きが
解明されてからは「第6の栄養素」として
見直されるようになりました。

食物繊維には二つの種類があり
水に溶ける水溶性と、水に解けない
不水溶性があります。

大麦にはこの二つの食物繊維がバランス
よく含まれており

この食物繊維が、血糖値の上昇を抑えたり
悪玉コレステロール値や内臓脂肪の減少
肥満ホルモンのインスリンの分泌を
抑える、便秘の改善などの効果に
期待が持てます。

その他には、ビタミンB6が貧血予防や
脳卒中の予防、脂肪肝を防いだりと
お酒を飲む方や妊娠中の方には
特におすすめの食材です。

この記事を書いた人

高水 ひろみ
高水 ひろみ
東京都品川区大井町出身
アドバンスドボディ店長
一般社団法人心身健康研究所 理事
小顔調整師、TBA整体™
エステティシャン
レンゲ経絡™カッサマッサージ創案者

2015-05-05 | Posted in 簡単!薬膳料理, 食べるComments Closed 

関連記事