麻布山善福寺の逆さ銀杏


今、麻布山善福寺の【逆さ銀杏】が美しく黄葉しています。

【逆さ銀杏】の由来とは、親鸞上人が挿した杖が芽吹き成長し
今のような立派な銀杏になったと伝えられています。

【逆さ銀杏】の逆さとは、銀杏の雄株特有の気根を垂らして
いることからそのように呼ばれるようになりました。

この気根を「乳」ともいい、昔は母乳の出が悪かった女性が
寺に参拝した帰りに、
この気根を削って持ち帰り
飲んでいた
そうです。

どのようにして飲んでいたのかはわかりませんが
かなり効果は
高かったそうです。

樹齢は推定750年、長生きです。

こんな話があるからなのか、第二次大戦の空襲の時
寺の本堂は全焼、
この樹も上部を失ったにも関わらず
枯死することなく根元から
蘇生し、手厚い保護とよい環境に
恵まれ、樹の勢いも蘇り
1m以上もある気根を数多く垂らす
ようになりました。

1926年に国の天然記念物に指定されています。

余談ですが、善福寺さんには『柳の井戸』という
未だに水が湧き出ている井戸があり、関東大震災や

東京大空襲の
時には多くの人に水を与え救ったということです

 

 

 

この記事を書いた人

高水 ひろみ
高水 ひろみ
東京都品川区大井町出身
アドバンスドボディ店長
一般社団法人心身健康研究所 理事
小顔調整師、TBA整体™
エステティシャン
レンゲ経絡™カッサマッサージ創案者

2017-11-26 | Posted in blog, 自然, 麻布十番Comments Closed 

関連記事