重心は身体の状態の現れ!?


☆━━vol.221━━☆
重心のお話し
~バランスの重要性~
☆━━━━━━━━☆

 

身体のバランス感覚は

大きく分けて

前後、左右、それにともない
微妙に
右に回旋、左に回旋することにより

全身のバランスを保っています。
今日は毎回、骨格調整で施術しております中に
入っている、「重心」についてお話しします。
施術する際の左右のバランスは
重心の足で見ております。
重心の状態は毎回検査して記録して
おりますが、

生活の環境の変化などや
過度な疲労、歯の治療中などにより

通常、

いつも検査で判定する側の足ではなく

逆側の足が重心になっていたりします。

重心の足の特徴として
そちらの足だけ、

・重かったり

・曲げづらかったり

します。
そのようにして身体は
敏感に状態を感じとって、
変化しています。

===========
☆重心が整うとどのような良いことがあるのか
===========

◆今までの状態より・・

段差がないのにつまずいた、
よく階段でつまずく、まっすぐ歩いているのに
まっすぐ歩けてない

このような症状が改善します。

◆痛みに関しては・・

腰(骨盤)に対して均等に力が乗るので、

坐骨神経痛(お尻の横が痛い)などといった状態の
方も痛みがとれていきます。

また、

重心が整うことにより、
打った覚えもないのにかかとや足の甲が痛い、重い、
片方の靴がきつい
状態の方も改善していくところ臨床で確認しています。

◆気の流れ・・

足の大腿部から指の先にかけて、陰、陽の経絡が流れています。

経絡は関節などを通過していて、腰、背中側まで、
そのラインに経穴(ツボ)があります。
重心側の足はその流れの滞りが、大きくひどくなると、
冷えたり、重だるいといった症状が出ています。

重心を整えることにより、経絡の流れを良くし
治癒力を高めることができます。
本日は、重心を整えることによっての
身体の変化についてお話しさせていただきました。

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2013-03-24 | Posted in 独自手技_骨格調整Comments Closed 

関連記事