身体の潜在能力を引き出す


身体の潜在運動能力は上げることができる
~軸が整った「ブレ」ないカラダは良く動く~

身体の動き

アドバンスドボディ
濱崎秀範です。

アドバンスドボディの骨格調整は、一般の方の「重い・痛みがある」といった
不調の改善も、もちろんのことヨガ、ダンサー、バレエ、格闘家、
などのプロフェッショナルな、お客様にもご利用頂き、ご好評なのです。

また、
一般の方にも「軸」がしっかりすることで
疲れにくい身体に調整しています。

どのような作用で、良い状態を作り出しているのか
今回はお伝えします。

人間の身体は3つの動きから成り立つ

骨格を調整することは、土台である骨格、
関節周辺にある、

東洋医学で確立されている
経穴(ツボ)の刺激にもなり、身体によい余波が

起こり、改善へと導くことができるというのは、

以前もお話して参りました。
プロフェッショナルの方には、

身体を動かす活動中、体幹を身体の真ん中の軸だとすると
3つのポジションに重心が移動し、

その人のもつ身体の可動域と相まって、パフォーマンスを発揮しています。

身体の動き
○ピッチング

「ピッチング (pitching)」とは、人間の身体で言うと、身体がお辞儀をしたり
背中を後ろに反らしたりする動きです。人間は二足歩行ですので、骨盤を軸に前後に回転することを言います。猫背の方などは、図の「Y軸」前側に、
重心の傾きが強くなっています。

○ヨーイング

ヨーイング (yawing)とは、歩く際に身体全体が上下に、上がったり下がったり
振動していると思いますが、図の「Z軸」を基点に身体の左右に
回転する動きをいいます。肩が下がっている側、肩甲骨が開きづらい側が
左回り右回りといった身体の動きをつくりだします。

○ローリング

ローリング (rolling)は図の「X軸」を基点に、回転する動きを言います。

例えば、この図のように左手に「鞄を持つ」と、鞄側に身体がひきよせられ、
傾く動きをいいます。長い時間、鞄を持っているとこの傾きが強く肩が疲れやすくなります。

「ブレ」ないカラダは良く動く

身体を調整することとは、この3つの動きの

ピッチング・ヨーイング・ローリングが引き起こしている歪みの偏り、重心の偏りを最大限小さくし、無駄のない動きが可能になります。
改善事例では、

ダンサー、バレエダンサー:

その場で回転する動きの際、回転できずいつも、バランスを崩していたが、
その場で回転できるようになった。

※ヨーイングの改善

格闘家:

身体が、ぶれなく動く感じで

キック、ストレート、ジャブなどに

切れがでてきた

※ヨーイング、ローリング、ピッチングの改善

ゴルファー:

ドライバーの飛距離が延びた

※ヨーイング、ローリング、ピッチングの改善
(注意)
関節の可動域が変わるためインパクトポイントが変わり、
どちらかへ曲がるようになる事例もあります。もう一度、ボールにクラブが当たるまでの「動きを再補正」するとさらに飛距離が伸びる方がいらっしゃいます。何かしら、運動をされる方はぜひプロフェッショナル向けの調整をご利用ください。

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2014-05-18 | Posted in 独自手技_骨格調整, 食べるNo Comments » 

関連記事