骨格調整の秘密_vo.1


*☆* vol.118*☆*:
重心足の秘密お話しします
*☆*:.。. *..:*☆*:

 

骨格調整の時、毎回施術前に

・重心側の足

・骨盤の歪み

・肩の高さ

・首の歪み

・頭蓋骨の歪み

このポイントを検査しています。

この観察点をその日の身体の不調に
照らしあわせ、施術していくのですが
今日は、重心足の意味についてお話しします。

私達アドバンスドボディではこの足の左右の違いを

約10秒くらいで判断できるように

技術を磨いています。

左右の足に現れる、重心が片寄った側の足の
デメリットとして挙げられるのは

・足首が硬く反りづらい、回しづらい

・膝や股関節、坐骨神経、腰に故障が出やすくなる

・朝起きた時に、足の裏が痛い

・ふくらはぎがつりやすい(朝又は常に)

・靴をはいた際にきつくなるなどがあげられます。

私達が骨格調整で重心側を見るのは
そのような不調をみるためです。

そして、

骨格調整の後に両足の重さが
同じになったかどうかの確認をします。

この確認の作業は
調整によって

***********
重心を真ん中になる

骨盤の歪みが改善された
***********

この確認作業でも
あります。

常に重心が真ん中にきている人は
ほとんどいません

必ずといっていいほど
右や左に偏るくせがあります

まれに、
極度の疲労やストレスでいつものくせと
反対に出る場合があり

こんな時はいつもより不調が
ひどかったりと足の重心を見るという
だけでもかなりの発見と、
左右の足の違いをみるだけでもかなりの

情報がわかるのです。

このようなことは病院では全く
指摘される事はありません
人体には科学で解明できていないことが
まだまだ多いです
ですが、

古来から民間療法での改善事例はたくさんあり
今現在でも私達はさまざまな治療家や
症状改善の臨床を学び、
その方の状態にあわせアレンジし

皆さまの
不調改善に意識と技術の向上に
いつも励んでいます
今日は重心足についてお伝えさせて
いただきましたありがとうございます。

==========

 

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2013-01-25 | Posted in からだ, 独自手技_骨格調整Comments Closed 

関連記事