運動は形から!入った結果スマートウォッチ進捗報告


前回、運動は形から入る!という記事でスマートウォッチをつかって計測することで、からだを動かしたという充実感を味わい、簡単に記録できることで、運動するモチベーションを上げるという記事を書きました
ところで私がなぜ、スマホのアプリをつかった計測をしなかったというと・・・

 

無題

※アマゾンで「スマホ バンド」で検索すると、腕にスマホを付けるバンドが複数でてきます。


スマートウォッチにした理由


本体

Withings スマートウォッチ Activite Pop ( 歩数 / 消費カロリー / 移動距離 / 睡眠 / 50m防水 / 時間自動調整機能 )


【よかったところ】


・スマートフォンを腕につけるより軽い

手軽に取りつけ、取り外しができる。やっぱり、腕に巻く専用のベルトもつけてて暑そうだし、ちょっとあの圧迫感が嫌だった。

・ジムへ行った際の他のマシンとのスイッチング

近所のジョギングだけでなく、同じく「ジムにいった際も計測したい!」
脂肪を燃焼させるトレーニング方法の一つとして、

ジョギング⇒ウエィトトレーニング(ダンベル・バーベル・いろいろなマシン)⇒ジョギング
という方法が効果的です。

有酸素⇒ウエイトをかける⇒有酸素という感じ。

この組み合わせをしたいのだけど、スマホを腕につけていると取り外しと取り付け、置く場所にこまる。

また、スマートウォッチを付けていると、重いウエイトを持った時に手首が痛い。なので外したいわけであります。

つまり、ダンベルトレーニングやウエイトトレーニングの際、スマホと違い小さくポケットに入るので、次のマシンへのスイッチングがしやすい。切り替えが簡単にでき、取り外し、取り付けが楽ちんだった。

・汗をかいたときの掃除
ベルトがゴム製で本体は防水なので、汗をかいてもベルトの手入れがしやすかった。

 


【よくなかったところ】


もっと、購入時付いていたゴム製のベルトのカラーバリエーションがあるとよかった。

バンド
あまりにもハデハデな色が多いので・・・

 結構、良かった点が多かった(ほとんど)ですがステマじゃないですよ。アマゾンのレビューを見ると、歩数が合わないとか書かれている方もいますが、このようなコンパクトな腕時計で、「精密にすればするほど、完璧な計測をする機能があればあるほど」お値段も高くなります。この値段ではこのくらいではないかと思います。

また、体重計などど連携させれば、測定の幅が広がりそうです。アプリの使用感などもこの記事に追加していきます!

この記事を書いた人

アドバンスドボディ
アドバンスドボディ
東京都港区南麻布1-6-3 YREビル2F TEL: 03-6683-1875

独自の理論手技であるまったく痛くなく、骨格を調整する「不調改善」から、女性のお顔を土台の骨から調整する「小顔調整」。歯科医との連携の元、顎が痛い、疲れると口が開かない、矯正中の頭痛や口の開閉ずらさなど、しっかりとした技術の土台から快適な毎日のお手伝いをします。

2016-06-07 | Posted in blog, からだComments Closed 

関連記事