怖い、テクノストレスご存知ですか。


 

パソコン・携帯とても便利ですね。電車で移動するにも経路検索、
お店を探すのも口コミサイトや、ホームページ。仕事をするにもメールに書類を添付、送信書類のダウンロード。

さまざまな企画書や業務内容の共有・・・・
この二つの電子機械がインターネットにつながることにより

さまざまな恩恵がありました。

pc_keitai

しかし、良いことばかりではないようです。
「テクノストレス」という言葉はご存知ですか?

とても深刻なようです。

 

芝浦工業大学教授 春日伸予氏の「ITとストレス」によれば

~ITとストレスから引用~

こうした高度情報化は, 社会にもたらす素晴らしい恩恵の一方で,
弊害が問題としてとりあげられることもある。
コンピュータ作業をする人の精神的な健康障害である
テクノストレスもその一つであった。

その後,
コンピュータの幅広い普及と共に,
日常生活でのコンピュータ作業でも起こりうるという認識が高
まっていった。

さらに, そうした状況に加えて,
テクノ依存, テクノ不安という 2 つのタイプでは説明でき
ないタイプも現われ,
テクノストレスの多様化が報告されるようになった。

~テクノストレスの多様化~

テクノストレスの新しいタイプとしては, まず, テクノ依存に
不安やうつ状態といった精神的苦痛が伴った
タイプが挙げられる。テクノ依存に陥ると人間関係において
問題が生じることが多いが,

本人にテクノ依存の自覚がないので,
問題を解決することができない。

やがて人間関係の問題による苦痛が不安状態や
うつ状態といった症状を引き起こすというタイプである。
次に, コンピュータ作業を止めようと思っても
止められないというタイプが挙げられる。

このタイプは, 過度のコンピュータ作業による
疲労や睡眠不足で社会生活に弊害が生じる。

本人の中に「コンピュータ作業をやめなくては」という
気持ちが存在するところが,
これまでのテクノ依存と異なる点である。

~~~
【テクノストレスの主な症状】

テクノ依存 テクノ不安
・常にコンピュータのことが頭を離れない

・他者への思いやりが欠如する

・人の反応を鈍く感じ,いらいらする

・コンピュータ作業環境から日常生活への
切り替えが困難になる

・時間の感覚が歪む

・心理的な葛藤がみられない

・コンピュータに対する嫌悪感が生じる

・短気になる

・悪夢を見るようになる

・自信喪失,強い絶望感といったものを示す
~~~

とういう記述がありかなり、深刻な状況です。
生活や仕事で必需品になっているパソコンや携帯。
付き合い方も考えなければならないようです。

使う時間が長ければ長いほど身体にとって

緩和する方法が必要ですね。
~テクノストレスの対処法~
そこで、対策を考えてみました。
まずは、
===============

休息をまめにとる(目を休める)

===============
これはすぐにできそうです。

顔を洗ったり、歯を磨いたり
するのもいいです
(スッキリ感が増す)
===============

・血流をよくする
・首の歪みを整え、
疲労をリセットさせる

===============

熱めシャワーを浴びて、
次にぬるめのシャワーを浴びる
温冷療法をとりいれる。

パソコンや忙しい方は肩や
首の歪みが大きいです。

左右どちらかが向きにくい症状の方も
いらっしゃいます。

骨格を整えることにより、
気の流れ、制限されていた血流の流れを
促進することができます。

また、マッサージも有効ですね。

 

===============

・森林浴をする

===============
これはとても効果があるようです。

長野県木曽郡上松市では市をあげて、
森林療法の研究がされており
森林の環境における
ストレスホルモンの減少や
心身のリラックス度が、
具体的な数値として現れてきました。

というデータが発表されています。

森林や自然に期待される効能は、
~マイナスイオン~

都会で生活を送っていると、
心の起伏があり身体にだるさを
感じることはないですか?

森林の中、滝や海は逆に爽快感を感じます。
最近の研究では人体を活性化させる

天然のマイナスイオンが

森や海など、水しぶきのあるところに
多く存在しリフレッシュ効果があります。
~緑は目に優しい~

自然の緑は色の3原色(赤・青・緑)の

なかでも中間の色で、
目を休めせ、心を落ち着かせることができます。

 

~森林療法の研究結果引用~

森林セラピーの生理実験調査では、
12名の男性被験者(大学生)を集め、
6名ずつ2班のチームが2日で
都市・森林を調査します。

1km程度の運動と、座って風景を見る
「座観」により、
どのような生理的変化が見られるかを測定。

また唾液からストレスホルモンの量などを計測し、

それぞれの環境が体に与える緊張度を把握します。
この評価には、ほかにも反応速度や心拍数、
心理テストなども加味され、
拠点となる宿泊施設の出発前後の測定も含まれています。

また実験を行なった場所の温度、湿度、
フィトンチッドやマイナスイオンの量、
日照度なども測定されデータ化されました。

 

これらの実験では、
被験者の生理的変化やストレスの発生を抑えるため、
非常に厳格な調査体制が求められます。

この調査の結果、森林の環境におけるストレスホルモンの
減少や心身のリラックス度が、
具体的な数値として現れてきました。
長野県木曽郡上松市森林療法研究HPより
http://www.town.agematsu.nagano.jp/kankou/akasawa/shinrinryohou.html
この便利なものを使って「長く活用していくには」このような対策が必要ですね。

アドバンスドボディでも積極的に森林浴をとりいれています。
http://ameblo.jp/azabu-net/entry-11830168890.html

今日は「テクノストレス」についてお伝えしました。

ぜひご活用ください。

 

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2014-06-22 | Posted in blog, 独自手技_骨格調整Comments Closed 

関連記事