胃のつかれと骨格の関係


♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪
\☆\☆\    vol.279   /☆/☆/

疲れやストレスで消化器がつかれて
いませんか?

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

アドバンスドボディ
濱崎秀範です

今回はストレスで胃が重いという
状態についてお話します。

■ストレスと消化機能の関係

最近、過度の労働やストレスなどでの、
消化器系の不調を訴えるかたが多いです

ご来店される際、症状としては
背中や首の痛み・重さでいらっしゃいます。

よくお話をお聞きすると、胃が痛く
病院の薬や市販の薬を飲んでいらっしゃいます。

「統合医療」を提供する方針の
アドバンスドボディでは、

一応、病院で診察していただいた
後の調整がいろいろな意味で

ベストなのでそのようにお話しますが…

※ウィキペディア「統合医療」
(Integrative Medicine)とは、
西洋医学による医療と代替医療を
あわせ患者を治療すること。

■なぜこのような症状がでるのか?

食物の消化に欠かせない胃酸の分泌は、
自律神経によってコントロールされています。

人間が、美味しそうなものを目でみたり、
食事したりする過程で、胃液の分泌が増え食欲が
亢進する仕組みになっています。

しかし、

強い心身的なストレスを感じると、
自律神経の中の、交換神経が過剰になり
蠕動運動(腸が動く運動)が低下し、

胃酸の分泌も減り

結果、食欲がなくなり消化力も弱ってしまいます。

こういったストレスが慢性的になると、

交感神経、副交感神経の働きも盛んになりますが、
反対に胃壁を保護する粘膜の分泌は減少します。

このような状況は、
胃壁がとても過酷な状況になります。

ストレスは自律神経を刺激して、
胃の中の絶妙なバランスを崩してしまうわけです。

■改善整体のアプローチのしかた

身体の不調を改善する、T,B,A,整体アプローチでは

まず、オーリングテストで

・交感神経

・副交感神経

・交感神経+副交感神経

3つの症状がでる反応点を確認し、

次に、重心側の足や骨格の可動テストをします。

この考え方は、
「背骨の狂いと病気の関係」という
研究の分野がベースになっています。

■骨格から見た内臓

胸椎の5~8番の消化器系の神経が多く点在していますので、
(肩甲骨の内側)
胸椎の骨5~8番あたりを調整し、さらにツボの流れを促進します。

消化器系の不調が出ている方は、左の背中や肋骨が、
硬結(かたくなっている)していて、

東洋医学的な視点で分析してみても、その部位は
消化器系を改善させるツボが多く存在しています。

今までの臨床経験から言うと、

このような症状の方は、
左の肩が右肩に比べ下がるケースが多いのです。

調整後は、
身体もスッキリし背中の痛みも軽減・消失して
お帰りいただいています。

慢性的な痛みの方は、毎日の食生活・環境の改善

定期的な治癒力を上げる、「身体の調整」を
お勧めします。

 

tubo_tba

===========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
[オフシャルサイト]
http://hidenorihamasaki.com

濱崎秀範
===========

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2014-03-23 | Posted in 独自手技_骨格調整, 食べるComments Closed 

関連記事