blog

胃のつかれと骨格の関係

♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪
\☆\☆\    vol.279   /☆/☆/

疲れやストレスで消化器がつかれて
いませんか?

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

アドバンスドボディ
濱崎秀範です

今回はストレスで胃が重いという
状態についてお話します。

■ストレスと消化機能の関係

最近、過度の労働やストレスなどでの、
消化器系の不調を訴えるかたが多いです

ご来店される際、症状としては
背中や首の痛み・重さでいらっしゃいます。

よくお話をお聞きすると、胃が痛く
病院の薬や市販の薬を飲んでいらっしゃいます。

「統合医療」を提供する方針の
アドバンスドボディでは、

一応、病院で診察していただいた
後の調整がいろいろな意味で

ベストなのでそのようにお話しますが…

※ウィキペディア「統合医療」
(Integrative Medicine)とは、
西洋医学による医療と代替医療を
あわせ患者を治療すること。

■なぜこのような症状がでるのか?

食物の消化に欠かせない胃酸の分泌は、
自律神経によってコントロールされています。

人間が、美味しそうなものを目でみたり、
食事したりする過程で、胃液の分泌が増え食欲が
亢進する仕組みになっています。

しかし、

強い心身的なストレスを感じると、
自律神経の中の、交換神経が過剰になり
蠕動運動(腸が動く運動)が低下し、

胃酸の分泌も減り

結果、食欲がなくなり消化力も弱ってしまいます。

こういったストレスが慢性的になると、

交感神経、副交感神経の働きも盛んになりますが、
反対に胃壁を保護する粘膜の分泌は減少します。

このような状況は、
胃壁がとても過酷な状況になります。

ストレスは自律神経を刺激して、
胃の中の絶妙なバランスを崩してしまうわけです。

■改善整体のアプローチのしかた

身体の不調を改善する、T,B,A,整体アプローチでは

まず、オーリングテストで

・交感神経

・副交感神経

・交感神経+副交感神経

3つの症状がでる反応点を確認し、

次に、重心側の足や骨格の可動テストをします。

この考え方は、
「背骨の狂いと病気の関係」という
研究の分野がベースになっています。

■骨格から見た内臓

胸椎の5~8番の消化器系の神経が多く点在していますので、
(肩甲骨の内側)
胸椎の骨5~8番あたりを調整し、さらにツボの流れを促進します。

消化器系の不調が出ている方は、左の背中や肋骨が、
硬結(かたくなっている)していて、

東洋医学的な視点で分析してみても、その部位は
消化器系を改善させるツボが多く存在しています。

今までの臨床経験から言うと、

このような症状の方は、
左の肩が右肩に比べ下がるケースが多いのです。

調整後は、
身体もスッキリし背中の痛みも軽減・消失して
お帰りいただいています。

慢性的な痛みの方は、毎日の食生活・環境の改善

定期的な治癒力を上げる、「身体の調整」を
お勧めします。

 

tubo_tba

===========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
[オフシャルサイト]
http://hidenorihamasaki.com

濱崎秀範
===========

2014-03-23 | Posted in 独自手技_骨格調整, 食べるComments Closed 

 

「T,B,A,理論が創案されるまで」第1話

☆━━vol.253━━☆

「T,B,A,理論が創案されるまで」第1話

~TBA骨格調整60分にほぐすことが少ない理由~

☆━━━━━━━━☆

アドバンスドボディ
濱崎秀範です。

いつも整体の話をお伝えようとすると
長くなってしまいます。
お時間あるときでもお読みください。

story

~~~

初めて、自分以外の人に身体を触って
ケアしてもらうボディケアを

受けた時の感想はどうでしたか?

・お母さんに肩をもんでもらった

・温泉に行って・・・

・調子が悪くて病院、接骨院で・・

etc.

私がこの調整を創案する前は

祖母が治療院を開業していて、
鹿児島の各地のビジネスホテル、
旅館での業務を請け負っていました。

身体があれば仕事ができるので
東京でも営業していましたが、

祖母は鹿児島へ帰郷し、今現在は母が継いでおります。

ほぐすことで、ツボの刺激とリラックス効果
つまりはストレスの解消も期待できます。

わたしも、そんな体験をしながら

他の仕事の経験もし、
今の私があると思います。

資格取得後、

「良い改善方法がある」と聞くと

貪欲に勉強しに行き覚えては、
技術を練り上げてきました。

とても勉強になったのは、

「浪越徳治郎先生と同じ釜の飯を食い」修行された
沖縄出身の奥間先生でした。

「飯を食い」というのは

今現在の指圧専門学校の前身は、
寮があり生徒の身近に住んでおられたと
伺いました。
その豪快ぶりもいろいろとお聞きしました・・

この話はまた今度するとして

先生は指圧をベースに「総合療術」
ということを追求されており

指圧・ほぐすことに加え、
オステオパシー、カイロプラクティック、
バンキー療法(吸玉)など1つの技術に偏ることなく
さまざまな調整法を取り入れておりました。

また、

自然食など食事療法、断食、研究テーマは計り知れませんでした。

最終的にお客様の不調が改善することが目的なので
「方法」を複数もつことで総合的に対応できる知識を持つ

このことは先生から教えていただきました。

ほぐす入口はその先生の元で修行したのですが、

あるとき、首や背中が「とてもじゃないが」と
いうくらい硬い方がいらっしゃいました。

その方は「力も強くないと効かない」身体の状態でした。

そろそろ終わる時間も来る頃・・・
でも・・そして終了

「ありがとう楽になった!」と

言って頂きましたが

「これでいいのか?」

「もっと楽にしてあげられないのかな・・」

そんなモヤモヤの中。

首や肩の調整の技術を覚えたあと
やはりこのようなお客様を施術する機会があり
思い切ってお話しして

首・肩の調整を取り入れて施術しました。

その結果、

・首や肩の動く範囲も増えた

・筋肉も緩んで弾力もでた

「何かが違う」

筋肉で縫合されている構造になっている人間の身体は

「土台である骨格を整えることにより
劇的に筋肉の状態を改善できる」ということに

出逢った瞬間でした。

奥間先生にお話ししたら
「そうだよ。」それだけでした・・

職人の世界は1~10まで教えてくれません(苦笑)

しかし、

これだけでは完全ではありませんでした。

この続きはまた次回

※TBAは高水ひろみもマスターしております。

===========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
・ヒューマンライフ研究所代表
濱崎秀範
==========

2014-03-14 | Posted in からだ, 独自手技_骨格調整No Comments » 

 

骨格調整後の筋肉と 身体との連動

☆━━vol.256━━☆

~骨格調整後の筋肉と身体との連動~

☆━━━━━━━━☆

骨格調整と筋肉の関係

アドバンスドボディ
濱崎秀範です。

今回はT,B,A,(骨格調整)について
ご質問がありましたのでお答えします。

Q,
調整後は無くなったのですが違和感(重い感じ)があります。

A,
アドバンスドボディの調整は、
重心がなるべくかからない状態で調整します。

例えば….

施術中

右だった重心側の足が、うつ伏せで反対の「左の足」へ移ったことを、
体感されていると思います。

この傾向は、重心側である右の足へ偏りすぎたため、

体がそれに対応するため、筋肉や関節が
重心側へ移動したものと思われます。

この状態は上半身の肩の高さや首、頭にも大きな「余波」をあたえています。

そのため、調整後右の偏りを取ると、
偏っていた筋肉や骨格が本来の位置をとりもどすので
うつ伏せの状態ですと、逆の足が重くなります。

これは、
今現在ケガをしているなど、これまでの身体のバックグランド(過去の状態)により
さまざまなパターンはあるのですが。

今回の質問でいうとこのような答えになります。

=調整後身体をなじませることにより
本来の位置を取り戻す=

しかし、
これだけでは不十分で

頭蓋骨を調整したあとに「立って足踏み」をしていただくことにより

調整後、初めて左右の足から下半身、
上半身まで筋肉がなじむことにより

本来の正中線(身体の真ん中のライン)がそろい、
違和感がだんだんなくなってきます。

それはこれまで偏った状態から改善した状態までの移動した違和感です。

=早く「違和感」を取りたい時=

何も荷物を持たない状態でのウォーキング、
水泳などをしていただけると早く違和感がとれていきます。

※ご来店時の身体の状態により個人差があります。

===========

・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
・ヒューマンライフ研究所代表

濱崎秀範

==========

2014-03-14 | Posted in 独自手技_骨格調整, 食べるComments Closed 

 

整体とマッサージの違い

☆━━━━☆

~ 整体とマッサージの違い~

☆━━━━━━━━☆
現在配信メール会員
294名
☆━━━━━━━━☆

 

seitai

アドバンスドボディ
濱崎秀範です。

Q,

整体?マッサージ?
区別が分かりません。

A,

マッサージはほぐすこと、ツボ(経穴)、経絡を
刺激することを主体とした手技です。

アドバンスドボディの
T,B,A,(トータルバランスアプローチ)
骨格調整には

ほぐす手技、ツボを刺激する手技、
骨格と整える手技を組み合わせて使っています。

心地よいマッサージも改善効果はあり、
この分野では
多くの著名な治療家の先生もいらっしゃり
私もとても尊敬しております。

ちょっと私の身体に関しての捉え方は違っていて
土台である骨格に注目しました。

骨格の神経分布図とツボ(経穴)の分布図を見てみると

ツボが集まる部分は脊柱、骨盤などの関節と同じ位置にあり

骨格を調整することによりさまざまな、状態の改善データを蓄積して参りました。

分かりやすい例でお話ししますと

たえず首(頚椎)肩が痛いといわれる方で、
過去にムチ打ちをされた方がいらっしゃいました。
レントゲンではまったく「骨」には異常がありません。

当店の方法で、初めの検査で左右に首を回し
左を向いていただくと右を向いていただく時より、
角度が小さく(向きにくく)動きが悪い状態でした。

そこで、仰向けで寝ていただき「首」を調整したところ

左右の首の可動域(動く範囲)が均等になり、首の張りが楽になりました。
※噛み合せが悪くてもこのような状態になる場合があります。

また、施術前にあった肩の重さも取れたと話されておりました。

首には、肩に関連したツボもあり、

首を調整することにより肩の状態も改善したとものと思います。

このように土台である骨格を調整することにより
ツボへのアプローチができる方法が

T,B,A,なのです。

===========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
・ヒューマンライフ研究所代表
濱崎秀範
==========

2014-03-14 | Posted in からだ, 独自手技_骨格調整Comments Closed 

 

現代医学も近年 変わってきている

☆━━vol.214━━☆
現代医学も近年
変わってきている
☆━━━━━━━━☆

アドバンスドボディ
院長 濱崎秀範です。

以前、星薬科大学で私の所属する医療医療学会の
学術大会がありました

その内容のごく一部を簡単にご説明します。

当サロンをご利用になられている方は
骨格調整により痛みが軽減又は、
消失するのをご体験されていらっしゃると
思います。

そのことに関連した、
研究が近年注目されていました

その内容のご紹介と感想を本日を
書かせていただきます。
~~~~~~~~~~~
※疼痛とは?
疼痛(とうつう)とは
痛みを示す
~~~~~~~~~~~~

====================

サルトジェネシス(健康創成論)

パソジェネシス(病因追究論)

==================

サルトジェネシスとは
イスラエルの健康社会学者であった
アーロンアントノフスキー(1926-1994)
によって提唱された新しい健康に関する概念で

病因とは別に患者のもつさまざまな
潜在的能力(リソース)を探りそれらを
有効に生かすことで

患者の健康度を
回復させようとする考え方です
具体的方法論として伝統的東洋医学や
相補代替療法、リハビリテーション学、
さらには心身医学などのケアを
中心とした考え方がそれにあたります。
簡単に言いますと

~~~~~~~~~

健康⇔病気

~~~~~~~~~

全て一連のプロセスと考え
この⇔の部分を患者自身の潜在的能力や
自然治癒力を探ってその力を有効に生かすことに
よって改善状態に回復させる

病気又は病気になりかけていれば健康に
なるように患者自身の潜在能力(自然治癒力)を
探りアプローチする考え方です
先生によって考え方はまったく違いますが
以前の現代医学の考えかたは

パソジェネシス(病因追究論)

~~~~~~~~~

健康|病気|

~~~~~~~~~

健康は健康、病気は病気と「|」このように
これらは分けて考えられてきました。

慢性疼痛のように従来のパソジェネシスに
元づく医療のみでは

その対応に限界がある病態に対しては、
サルトジェネシス的発想からなる方法論は
パソジェネシスとは別に新たなアプローチの道を
提供してくれる

という内容を先生方が講演で話されていました。

つまり、

サルトジェネシスand/orパソジェネシスというように
2つの方法を的確にしかもタイムリーに選択していく
という治療方法に現代医学もシフトしてきています。

・・・・

私達アドバンスボディがお客様の
身体を施術させていただいてきた中で
もっとも多いのがなんらかの
疼痛(痛み)でご来店される方がとても多いです。
当店の手技はサルトジェネシス的方法で
お客様の潜在的力(自然治癒力)へ働きかける手技で
構成されています
また、
その力を最大限、一度の施術で引き出すために、
私の理論であります

トータルバランスアプローチ(TBA理論)を使い
“足首から頭蓋骨”まで
全てを調整することを徹底しています。
この学術大会でその他、興味深かったのが、

私達のような手技療法の先生のワークショップも
されていたのですが、
いろいろと質問をされていた方の中には
整形外科の先生も数人、
いらっしゃったということです。
「レントゲンを見ても骨には異常は見られないが
患者は痛み(疼痛)を訴えている」というような
悩みがあるようでした。

その他手技療法のワークがあったのですが
講師の方にとても細かく質問されていたのが
印象的でした。
今回の学術大会により、
よりいっそう私達のようなサロンの
サルトジェネシス的な役割の重要性を感じ
多くの痛みで苦しんでいる方へ提供して
行きたいと感じました。

最後まで
お読みいただき

ありがとうございます。

~~~~~~
参考文献
美と健康
プログラムより
~~~~~~~

◆何か、質問・相談、ご感想などございましたら
コメントからお願い致します!

========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・世界健康長寿学会
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)

[オフィシャルサイト]
濱崎秀範
http://hidenorihamasaki.com/

========

2014-01-07 | Posted in 独自手技_骨格調整Comments Closed 

 

不調を引き起こす3つの要因

♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪
\☆\☆\    vol.270   /☆/☆/

3つの要因、内的要因の原因は?

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
現在配信メール会員 302名
♪.:*’☆’━━━━━━━━━━━━━’☆’*:.♪

fukai

当店の技術は、骨格のゆがみ整えることによ

関節等の周りに必ず点在している、経穴(ツボ)の流れもよくなり
自然治癒力を最大限、上昇させて改善させる技術がベースになっております。

それは、トータルバランスアプローチ(T,B,A,)と言います。
また、現状の状態もっとよくする為に、
今現在も改良を重ねています。

身体が不調になった状態ということは、

「病気ではないが、健康でもない」という状態です。

これは毎日の生活にや環境によって、引き起こされています。

◆内的要因 (病気・内臓・精神・感情など)

◆外的要因 (気候・温度・事故・外傷など)

◆習慣要因 (飲み物・食べ物・肉体的・精神的・環境的など)

今日は内的要因についてお伝えします。

~内的要因~

先天的な症状から、毎日の生活の中であるストレスなど
この要因は、習慣的要因ともっともつながりがあります。

ストレスというのは、
人間が本来もっている「感情」、
喜・怒・哀・楽から引き起こされます。

感情が豊かな人はストレスを
受けやすいといっても間違いないと思います。

感情をもった人間は
ストレスをうけると、それにたいして反応します。

消化器系がつかれたり(暴飲暴食)

その行動によって肝機能や他の臓器まで疲れたりします。
習慣的な要因まで影響してくるのです。
それが引き起こす、
身体の歪みはその臓器側の背中や首や肩が
硬くひきつる状態になります。

~ストレスの解消法~

「利害関係のない人と話をする」

友達や身内など、どうでもいい馬鹿話から、
相談ごとなど、話せる相手をもつことです。

気分転換をするということでもあります。

「運動をする」

運動によっての、ストレス解消事例は多くあります。

私もさまざまなポジションのお客様を
施術させていただいているのですが、

高ストレスな方ほど、肉体的な疲労より
精神的な疲労の方が、優位なように思います。

本来人間は動物という観点から、

肉体的な疲労より、精神的な疲労、寄りが強くなると
ストレス度が高くなる傾向になります。

バランスが重要なのです。

一つ事例をあげますと、いつも夜中に目がさめ、
寝つきが悪く

夜、寝れないので昼間眠くてしょうがない

という方がいらっしゃいました。

その方に、

運動をするようにすすめましたところ、
朝の散歩をすることにしました。

その結果、夜、目が覚めずぐっすり寝ることができ、
目覚めもスッキリだそうです。

肉体的な疲労を優位にして、精神的な疲労とのバランスを
とることによって、解消した事例ですが

夜寝れないとうのは、無呼吸症候群などありますので、
一応、医師にも相談してください。

基本は、運動はストイックにやらないことです。

長く続きませんので。

「ものごとの受け取り方を変える」

人と人とが仕事をして、生活していると
ストレスはさけては通れないことです。

一人で山に入って、まったく人と合わず
自給自足をしてもストレスはあると思います。

どう解釈するかという、うけとり方だと思います。

ストレスがあることにより、
人として成長があるというのも事実ですから

なにごとも、良い面と悪い面があるのです。

「不確実な完璧ではない世界」で生きているという

ことで生活すると少しらくになるかも知れません。

本日は、

人間が引き起こす、内的要因についてお伝えしました。

最後までありがとうございます。

★独自手技
「T,B,A,理論」に関するバックナンバー★
https://www.a-body.jp/wp/?cat=4

===========
・トータルバランスアプローチ創案者
・TBA骨格調整マスター
・日本健康医学学会会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルジョイントコーディネーター
(障害者を含むスポーツイベント企画)
[オフシャルサイト]
http://hidenorihamasaki.com

濱崎秀範
===========

★★★★★★★★★★★
〒106-0067
東京都港区南麻布1-6-3
YREビル2F
アドバンスドボディ
TEL03-6683-1875
◆木曜定休◆
営業時間11:00~19:00
(HP)https://a-body.jp
【レンゲ経絡(TM)カッサレッスン】
公式サイト http://ren-ge.com
★★★★★★★★★★★

 

2014-01-05 | Posted in からだ, 独自手技_骨格調整Comments Closed