blog

とりあえず歩く!脂肪燃焼派が選ぶ、公園散歩編

前回はウォーキングのすすめと、メタボリックシンドロームについてお話ししましたが
今回は正しい歩き方とおすすめの公園をご紹介しようと思います。 (さらに…)

2016-05-22 | Posted in blog, からだComments Closed 

 

お店と施術者は「選んだほうがいい」という話。


アドバンスドボディが初めての方に。「整体」を受けるための手引き


あなたは整体という言葉を聞いてどのようなイメージですか?

・マッサージ?

・骨をボキボキと鳴らして矯正する?

 


■こんなにあるよ整体の種類


 

マッサージだけでもいろいろな種類があって(マッサージ方法)

1.強く押したり揉んだりして施術する

2.器具を使用して施術する

3.患者さんの状態にあわせて施術する


骨をボキボキと鳴らして矯正する(身体の矯正方法)

矯正方法といっても2通り、器具を使用するか、手だけで矯正するか方法があります。

★器具ベース

1.各部位の歪みを検査し矯正するベッドの上で「ガシャッ」と音をさせながら矯正する

または、器具を使って矯正する(ボキボキと骨を鳴らす施術者と鳴らさない施術者)

★手だけベース

2.骨盤矯正、調整と名前がついてストレッチのように身体を捻じって矯正する

3.検査し、その人にあった身体に体型をとって、ポンと軽く押して矯正する

 


■アドバンスドボディの施術はというと・・


マッサージは気持ちいいですよね。最近では美容室でも髪を切る合間にやってくれます。

「もっとそこを―」とか「もっと強く―」「そこじゃない!」「強すぎる痛い!」とか、口にださなくても揉んでもらいながら考えていませんか?また、マッサージが好きな方は整体院、治療院へ行って施術を受けていると思います。最近では安くて手軽に入れるお店もありますね。

アドバンスドボディの施術の場合―1

【マッサージ】

3.患者さんの状態にあわせて施術する

これを基本として施術します。それはというもの、「もっと強く!」と言われる患者さんはどんどん力が強くないと「効いた気がしない」状態になっていくからです。よく観察してみると歪みや長年の強いマッサージのせいで、力が「ガッチリ」入っていてなかなか自分自身で力が抜けない人がいらっしゃいます。

ストレスや疲れ、長時間の座り仕事などでじっとしている「静」の動きが毎日の生活に多く、凝り固まっていているのです。そのような習慣的な疲れをとる方法を研究し、骨から緩めるボディケアという方法をメニューで提供しています。

 「静」の動きで凝り固まった骨格、筋肉を、「静」と「動」の動きを組みあわせて施術していきます。
また、「強くしないと効かない」と思っている方は過去、どこかのマッサージさんに言われて、そのように頭にインプットされているかも知れません。ですが、実際強いマッサージを受け続けている人の特徴は、「痛いくらい押してもらわないと効かないんだよね~」なんて言って、最終的にマッサージさんとの「力比べ」のように、力を加えられると体が逃げないように、強い力に耐えるように、身体に力が入ってさらに抜けません。

理想はその人の体に合わせて施術できる施術者。ちゃんと土台である骨格の動きを見て施術できる人です。

実は、力いっぱい押しきるより、力を抑えて加減する方が「経験と技術」がいるって知っていましたか?

スポーツマンで筋肉が大きい人を力いっぱい施術すると、必ず施術後に痛くなります。あまりにも、体が疲れていて歪んでいる方は逆に施術後「身体がぐったり」という状態にさえなる方もいらっしゃるのです。ここでポイントとなるのは、患者さんの状態によって「臨機応変に手技を提供できるか?」という施術者の技量が重要となってくるのです。
身体の状態に合わせて施術ができるならば、マッサージが嫌いな方には骨格調整を、スポーツ後の疲労した筋肉には、スポーツマッサージと判断することができるかどうかです。施術者の技量がわかるところが特に首です。「首凝ってますね~」と言われて、ボコッと出たところをグイグイ押されて、痛くなった方いませんか?そこ首(頚椎)の棘突起「骨」ですよ。

首のゆがみ
また、物を使って脊柱のあたりを押されて、痺れや痛みがとまらなくなった方はいませんか?脊柱には神経がたくさんあるので、脊柱の神経を痛めたのです。それ「傷害」ですから。
ようするに、施術する側はプロのはずなので、自分にあう施術者を選んだほうがいい」ということです。


【骨格矯正】

アドバンスドボディの施術の場合―2

■手だけベース

3.検査しその人にあった身体に体型をとって、ポンと軽く押して矯正する

アドバンスドボディでは骨格調整という名前で施術しています。「身体を矯正する」というこの一言でもいろいろな種類、流派があります。

★器具を使って

木製の物、ガンステッド、カイロベッド(カイロ)、重りがあり一定時間押しつけておく物

などなど

★流派

(日本古来)

・古来から昔から日本にある矯正術がベースになっている方法

(海外)

・日本以外から輸入されて入ってきた方法、海外へ勉強しに行って習得したもの

 


骨がボキボキ鳴るのはなんで?


骨がボキボキ鳴るのは本当は骨が鳴っているのではなく、骨と骨の間にある椎間板の中にある気泡やガスがつぶれ、はじけて音がなるのです。また、最近の科学的研究では、ボキボキ鳴らすことにより関節の断面にささくれのような「バリ」ができることが報告されています。

施術していて、いろんな方の首を触るとよく感じることがあります。

過去に無理やりボキボキ施術された経験があり、触るだけで緊張してガチガチになるんです。

またこのような患者さんに対して、力が入らないようにフェイントをかけて矯正(ボキボキ)する、施術者がいるというのですから・・・やっぱり、お店と施術者は選んだほうがいいですよ。そんな施術者はボキボキ鳴らすことに「快感」さえ感じているので、鳴るまでやりづづけると思います。残念ながら・・・・・・。

 

 

 


アドバスドボディでは「骨格調整技術」を深く熟考し、繰り返しの臨床経験から生まれました。


 

古来日本にある方法でまったくボキボキと鳴らさない方法で施術します。ボキボキと鳴らしてほしい患者さんも中にはいらっしゃるのも事実ですが、それはどのようにな年代や、身体の状態でも負担をかけず施術したいからです。

人間の体の土台は骨格です、骨格は内臓の器でもあります。私たちの考え方はT、B、A、(トータルバランスアプローチ)理論がベースになっています。骨格にある神経分布を調べてみると、古来からある東洋医学の経穴(ツボ)と神経の作用が一致するということが前提で技術が組み込まれています。

T,B,A,理論

この方向性で研究していく過程で、一部分を調整するとその「余波」が身体全体に作用するので一部分だけにとどめておくと、全身への「良い余波」が遅かったり、痛みがでたりするという事実に基づき、このような理論を確立してきました。なので足先から頭蓋骨まで調整するというスタンスになっています。

骨格痛みの移動


■要約すると・・



その
お店の方向性や経営のしかたによって、いろいろな運営方法があるのは事実です。どのやり方も間違いではありません。患者さんが選ぶからです。安価なお店の経営方法は、多くの患者さんを回転させることで、元がとれます。でなければ元がとれません。受ける側は安くてコスパもいい。

しかし、この手技療法という技術は「人が人を」施術します。安い価格で施術をする「施術者側」も人です。その人にとって、世間一般の標準価格はよく理解していると思います。これまでの施術経験があるのですから。

標準価格との「モチベーションの違い」はというと―、患者さんを改善させようという探究心まで、施術中に気を配れる人はどれだけいるでしょうか?・・・・おわかりですね。

吉野家などの飲食業界が低価格戦略の末、最終的には株価も下降し、質も落ちお客様も離れ、経営が立ち行かなくなるという時期もありました。価格を安くすることでの事例があります。それでも存続そしているのは上場しているからだからではないでしょうか。ましてや私たちのような規模の小さい整体院、マッサージ院、接骨院であればなおさらです

私たちはお店は使い分けるべきという考えです。

 

2016-05-19 | Posted in blog, からだ, 初めての方へComments Closed 

 

酔っ払ってフラフラな次の日は、肝臓のツボを。

 

それが―。
「肝心(かんじん)なんだよ!」

なんて人に言ったことはないですか?
昔から言葉にある「肝心要」というものがあります。その意味は、

 

かん‐じん【肝心/肝腎】 [名・形動]《肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって欠くことのできないものであるところから》最も重要なこと。また、そのさま。肝要。「―な話」「慎重に対処することが―だ」
類語 重要(じゅうよう) 大事(だいじ) 大切(たいせつ) 肝要(かんよう) 
かんじんかなめ【肝心要】[名・形動]《「肝心」をさらに強めた語》非常に大切なこと。また、そのさま。「―な(の)時にいないなんて」

goo辞書より


肝機能に効くツボ!


 

この言葉のなかにもあります人間にとって
とても大事な臓器、「肝臓」についてお話します。

肝臓の疲れを改善させるツボとして
古来からある東洋医学には「肝愈」(かんゆ)と言って用います。

あなたがいくら盛り上がってお酒をたくさん飲んで、

フラフラになっていても。デザートバイキングで
甘いもの食べすぎても、肝臓は私たちの指示なしに、
いろいろな働きをしてくれています。

まずは肝臓の位置は、

肝臓_臓器全体
人間の体の右肋骨あたりに位置しています。

 


まずは肝臓の働きをさらっと説明


 

■栄養素を貯蔵
・食事をする⇒腸で栄養分を吸収された血液⇒肝臓に貯えられる

■解毒(げどく)
・有害物質、アルコール、薬、アンモニアなどを分解する解読作用・胆汁がつくられ胆嚢に送られる。胆汁は十二指腸に送られ⇒腸内の運動促進、脂質性ビタミンの消化や吸収を助ける

■代謝作用

血液と一緒に運ばれてきた栄養素を約500種類以上の物質につくり変える⇒つくりかえた物質は血中や臓器に送られる

食べた炭水化物⇒ぶどう糖⇒全身の送られる⇒また、グリコーゲンとして貯蔵し必要におおじて血液中におくる。
タンパク質⇒腸内でアミノ酸⇒肝臓(タンパク質に作りかえる)

さらっと説明してもこれだけの働きをしています。
それでは、自分でもできるツボの場所と説明です。

 


肝臓のツボはなにに効く?


 

【肝兪(かんゆ)】

胸椎_肝愈_03

  肝臓疾患の治療に使われ、肝臓は外部から体内に進入した毒を解毒する働きがあるため、肝臓の位置にある肝兪は解毒の特効ツボとしても知られています。肝機能関連では「目」とも関連が深いため、目の疲れや目の病気にも効能があると言われている。

[そのほかの肝愈の効能]

乗り物酔い、二日酔い、立ちくらみ、胸膜炎や腰痛、虚弱体質、糖尿病、不眠、てんかん、肋間神経痛、こむら返り

 


実は肝臓にだけ効くのではない「肝愈」


 

上記を見てもわかるとおり、実は肝臓はいろいろな働きをしており、すい臓とも関連があるのでよく最近では耳にする糖尿病や胃、目、人間がもっているスタミナとも関連性があるんです!

つぼの位置は胸椎の9番10番のあたり、自分でやる場合は温めたり、押したりして刺激をします。なかなか場所的にやりずらいので、ドライヤーで温めたり、家にいる人に押してもらったりして刺激を与えてください。

※あまり強い刺激ではなく軽く

 


骨格から見た肝愈は


 

 ヨガやストレッチなどに覚えがある方はこの場所が動くようなポーズをとったり、ストレッチをして刺激をすることが可能です。それというのも、ツボは骨格、身体の関節は神経分布と関連性があり、「脊椎」付近に内臓につながる神経があり、さらに東洋医学で言われているツボがその場所にあるからなのですね。具体的には、骨格を調整することでツボに刺激を与えるという理論をT、B、A、理論(トータルバランスアプローチ理論)と言います。

ここからは骨格調整での肝愈の用いた施術方法です。
本来ならば、一部分のツボをとります。それがだいたい胸椎の9番10番あたりなのですが。

肩関節

人間の脊椎は上からしたまで、一つ一つ「堆(つい)」になっています。これは関節なんです。ということは、脊椎の一つが動きが悪いということは、実は部分的な問題ではなく確実にこの番手を起点として「上の胸椎」、「下の腰椎」もこの部位が硬くなったり動きが悪くなるという影響を受けているのです。

 


骨格の変位から肝機能が疲れている人の特徴


・肝機能の疲れがある人は、とくに右肩や肩甲骨まわり、右首が硬くてまわしにくい。

・左右の鎖骨、肋骨を比べると、右側が左側にくらべて動きが悪く、右肋骨の下の方がきりきり痛くなりやすい。

・右手首や肘の動きが悪いまたは痛みが出ているケースもある

※交通事故や手術などの構造的変位は除く

 


酔ってふらふらになった次の日以外でも使いたい!肝臓のツボ肝愈(かんゆ)まとめ


臓器にまつわるツボは逆を言えばそのツボの場所に反応がでます。それは重くなったり、硬くなったり、痛みが出たり、その場所に適切な刺激(温める、押すなど)することにより、内蔵に反射し滞りを治すことができる。
肝機能が疲れる特徴として、ストレスや過労、アルコール、糖分も現代社会では要因であります。

生活習慣、食習慣、運動などで予防と改善ができますので少しずつ生活のなかに取り入れていきましょう。

 


追記:肝臓によいおススメつまみ


2017年11月19日-

ここで、グループ店の麻布リバースの記事から肝臓に良い
おつまみの紹介です。

 

それは一にも二にも高たんぱく・高ビタミンの食材です。

なぜなら、肝臓本体やアルコールを分解する酵素、有害物質と戦う
免疫物質など肝臓の中で最も重要な働きをする成分はたんぱく質で
出来ているからです。
たんぱく質をより多く身体に摂り入れることで
肝臓の働きを促進することができ、アルコールを分解する機能も
活性化することが出来ます。
そして、ビタミンは飲酒する時だけではなく、私達の命を維持するために
欠かせない成分です。
肝臓の代謝機能を促進するためにも必要な成分なんです。
また、ビタミンCは悪酔いや二日酔いを予防する働きもあります。
ビタミンは体内で作ることが出来ますが、足りない分はやはり
食べ物から身体に摂り入れなければなりません。
普段から不足しないようにしておく必要がありますね!
では、ここからおススメのおつまみです。

 

まず、必ず食べて頂きたいのが枝豆

枝豆にはビタミンAやCだけでなく良質のたんぱく質、レシチン
サポニンなどが豊富に含まれていて脂肪肝や脂肪の酸化を予防します。

特に煙草を吸う方は、お酒を飲むとどうしても煙草の本数が
増えてしまいますよね。

ビタミンCは身体に入ったニコチンを無害化するために大量に
消費されてしまうためビタミンCの豊富なおつまみを食べることで
喫煙によって失った分を補給することが出来ます。

その他には

1.ナッツ類

アーモンド等のナッツ類にはビタミンEが
豊富に含まれています。
ビタミンEには過酸化脂質を分解する働きが
あるので肝機能の低下を防いでくれます。

 

おススメの居酒屋メニュー ミックスナッツ
ゴマ豆腐やピーナッツ豆腐、よくウィスキーや
ブランデーにチョコレートが合うといいますが
ナッツの蜂蜜漬けも合いそうですね。

 

2.豆腐や納豆等の大豆製品

動物性たんぱく質に比べて
植物性たんぱく質には必須アミノ酸が豊富に
含まれいるので、肝機能の低下を防いでくれます。

 

おススメ居酒屋メニュー 冷奴・湯豆腐・豆腐サラダ
枝豆などなど

 

3.マグロ・イカ・アサリ等の魚介類

魚介類には肝機能の低下を防ぐ
タウリンが豊富に含まれています。

タウリンは野菜には含まれていない
アミノ酸の一種なので、お酒のおつまみに
は何か一つは加えたいものです。

魚の部位では、血合いの部分に豊富に含まれているので
煮魚などを食べるときには残さずに食べるようにしましょう。

おススメの居酒屋メニュー 2と3を合わせた、マグロやイカの納豆和え
他には、マグロの山かけ・アサリの酒蒸し・冬場なら牡蠣鍋・飲酒後の
しじみ汁やアサリの味噌汁など

4.野菜・海草

肝臓機能を促す成分にはビタミンやミネラル
も大切です。

野菜や海草にはビタミン・ミナラル類が多く
含まれているので煮物やサラダ、和え物など
はおつまみにとり入れたいものです。

おススメ居酒屋メユー 野菜の煮物・生野菜や
海草サラダ・胡麻和え・酢の物・お浸しなど

5.チーズ

お酒のときには、結構脂っこいものがほしくなり
ますよねでも、なるべくなら控えたいものです。

その代わりにチーズがおススメ、チーズには
良質なタンパク質が含まれているので、揚げ物の
ように脂は多くありませんが、おつまみとしては
おススメです。
但し、食べ過ぎないようにして下さい。

おススメの居酒屋メニュー カプレーゼ・チーズの盛り合わせなど

 

6.水

おつまみではありませんが、お酒を飲む前
飲んでる最中、飲んだ後には必ず水を飲むように
しましょう。

お酒(アルコール)は、胃と腸で分解され肝臓へ
肝臓でアルコールは、アセトアルデヒドを作り⇒
酢酸を分解⇒水と二酸化炭素に分解⇒体外へ。

許容範囲の飲酒ならこれでOKですが、その範囲を超えてしまうと毒性のある
アセトアルデヒドが分解されずに血中に残ってしまいます。

これが二日酔いなんです。

アセトアルデヒドの分解能力には個人差がありますから
自分の飲める範囲を考えての飲酒をしましょう。

でも、たまには自分の許容範囲を超えてしまうこともあります
その時には飲酒時や飲酒後に水を多く飲むようすれば、代謝を活性化し
血中のアセトアルデヒドの濃度を薄め、体外に排出してくれるので
二日酔いなるリスクが減ります。

参照:麻布リバース_肝臓によいオススメおつまみ

 

 

 

 

2016-05-16 | Posted in blog, からだ, ツボComments Closed 

 

腕・手首・手

 


 腕・手首・手よくある不調


肩・腕

imege_-2_03

腕、肩の不調

・ 重いものを持つ、手・手首をよく使う。よく腱鞘炎(けんしょうえん)のようになる。
・ 指がしびれる。
・ 以前骨折したあとが変な感じ・動きずらい。


施術内容事例


【追記】2016年6月8日

(男性) 70代

学生の時にアメリカンフットボールをやっており、初見時は電車の吊革を握ると左の手が「ジワジワ」痺れがでていました。
その症状とともに、お尻から太ももにかけての、歩行する際に痛みがありました。病院にて腰椎脊椎管狭窄と診断されて腰椎に注射を打っていましたが、ほとんど改善が無く、好きな「ゴルフ」をやるにも痛いので気持ちが沈んでいらっしゃいました。この患者様は歯科医院からのご紹介で、歯の噛み合わせ側からは整っていたのですが、頚椎や骨盤など「ボディ側」がかなり歪んでおりました。現在では痺れもお尻から太ももにかけての痛みも消失しています。(約半年)症状改善のポイントは、患者様自身もジム改善過程で少しずつジムに行く回数を増やしていかれた事も、身体が良い方向へ進んだと考えられます。改善後、ゴルフやジムに楽しんおられます。

(女性) 40代

初見時、事務用品のゼムックリップが持てない。左の手が痺れるという症状でした。毎日長時間、椅子に座ってのPC作業が大半で、運動もしないという状況でした。約4ヵ月かかりましたが(月2回ご来院)、クリップもつかめるようになり痺れも消失しました。ただ、疲労が続くと首や左肩が痛くなったりということがありますので、1ヵ月1回というペースになっております。

【男性】

 作家活動されている方で数年前から手の指がしびれるという状態でした。
長時間座って仕事をされるとしびれが増すということで、
以前からの運動不足もあり、骨格調整で歪みを定期的に調整していただきました。
少し時間はかかりましたが、(月2回半年)自ら運動されたということも功を奏して、
今ではしびれはほとんど出ておりません。


不調症状別事例

2016-05-10 | Posted in blog, からだ, 不調症状別事例, 独自手技_骨格調整Comments Closed 

 

運動は形から入る!ツールを使って達成感を味わう実験


運動は始める前の「モチベーション作り」からが正解だった


 

身体とメンタル(精神)の関係は、以前書きました(仕事と身体の関係_vol.2_仕事は持久戦)

ストレスがメンタルに及ぼす影響には研究論文があり、運動により精神的な関係性が強いという研究があります。

 

【メンタルmental  [形動]知能や精神にかかわるさま。精神的。「―な問題」「―トレーニング」】【メンタルヘルスケア(mental health care)】精神的健康の管理。

出典:goo辞書

 最近では、自分の日常をSNSにアップする時流ですので、流れてくるフィードを見ていますと、優秀なビジネスパーソンは運動が習慣的になっています。

ご来店いただく患者さんの中でもモチベーションが高く、ポジティブな方に共通しているのが運動なんですね

骨格調整の施術でお話を伺っていると、歩くということだけでもあまり機会がないことが多く、少し歩いただけでも、筋肉痛や足が痛くなったりする方がいらっしゃいます。

(補足 2016年5月10日)
こうなると、運動不足と言うより歩いただけでも疲れてしまうので、「ハードワークが続くとぐったりしてしまう」「疲れが寝てもとれない」という状態になってしまってます。
・PCの前で仕事するクリエイティブ、入力作業時間が多い方
・会社役員、手術後、仕事リタイアの方
・一度、腰や足に痛みや重さ、痺れなどのトラブルが出てその後、歩きたくてもなかなか痛くなるから歩けない方

※運動するしないは医師の指導に従ってください。運動している人は身体の回復も早いという視点でお伝えします。

 

調整後のリハビリの為にも歩くことは必要。ではどのように、忙しい毎日に組み込んでもらえるか・・・、その実現方法を考えました。

 

 


運動するということは習慣を変えるということから


 

私もそうですが、週一で運動すると決めても、用事があったりして運動する時間が一度つぶれてしまうとなかなか、そのような機会をまた作るのが億劫になってしまいます。まったく歩いていないわけではないのですが。(施術ベッドの回りは歩いてますが 笑)

 

このパターンから抜け出すにはどうすればいいか・・・そんな事を考えて、「それでは自分自身を実験台にして、運動するためのモチベーションを研究してみよう!」と施術ばかりでなまった肉体改造もかね、今回チャレンジしました。

じゃあ、どうしたら組み込めるのか?、スケジュール帳をながめて、「できそうな時にやる!」というスタンスに決めました。逆にわざわざ曜日、日取りを決めると忙しい人は挫折するのですね。(これまでもこれで挫折)

さらに、運動した結果が残らないと成果の検証ができない。始めたあとのモチベーションに自信がない・・・・・、

 

そこでネットで調べていたら万歩計や血圧、心拍数も測れ、スマートフォンに専用アプリをダウンロードすると連携して記録してくれるという、すぐれた機器がありましたので御紹介しますね。

何かをするには「形から入る」という方がいますが、あながち間違いでもないようです。継続的に運動をするには、ツールも必要なのですよ。

また着るもの、ウェアから入っても効果があります。ウェアを見るたびにモチベーションがあがりますから。

 

amazon_

そこで選んだのは、「Withings スマートウォッチ Activite Pop」という機器です、見た目はただの時計ですが
スマートフォンにアプリを連動させて使用すると、万歩計、脈拍、血圧(スマートウォッチ以外の機器を使用する)、睡眠時間と深さを計測することができます。またこれの良いところが、電源がボタン電池というところです。amazonで調べてみますと、こういった形式はデジタルで充電式というのが多い中、電池が減るとスマホに通知してくれるし、軽いしと腕につけても気になりません。もともと時計をしたり手首になにかする習慣がない私でもあまり、うざったらしくありませんでした。

本体本体_2


達成感は継続を習慣にするのに役立つ


まず、これを一週間以上続けてみたのですが、目標の歩数を歩くと、アプリ内で「おめでとう!」とバッチがもらえます(賞状のようなもの?)

バッチ

 

 睡眠「目覚める」「浅い」「深い」と分けることができるので、どれぐらい深い眠りができたか知ることができます。というのも患者さんの中ではビジネスのポジションにより、「頭が冴えてなかなか寝付けない」という方もいらっしゃるからです。これは、経営者や会社での責任が重くなれば重いほどこの傾向は強いようです。

職場でのストレスも影響するということですね。

 

睡眠

歩数_カロリー

簡単に計測できることは、毎日忙しくて時間が無い方でも、「一駅前で降りて散歩しながら帰ろうかな」とか「今日は目標の歩数までいってないから遠回りして歩数をかせごう」というふうに、歩くということをコントロールできます。

「眠る」ということは、体を癒し体調を回復する時間でもあり重要ですのでこれを使いながら、どのようにすれば深い眠りになるか研究してまた眠りについてもまたレポートしますね。
このようなツールを使いながら、毎日の中に運動を組み込んでいくというのはいかがでしょうか。

とりあえずこれで、私は運動を再スタートさせました。またモチベーションの維持について記事にします。

2016-05-08 | Posted in blog, からだComments Closed 

 

さっ、ウォーキングでアンチエイジングはじめましょっ!

健康のためにジョギングする方を多くみかけますね!でも、お年をめした方や血圧が高めの方には逆に膝を痛めたり血圧を上げてしまったりと、考えていたような効果を得ることができないだけでなく健康を損ねてしまうこともあります。

そこでおすすめなのがウォーキング又はスロージョギングなんです。
※スロージョギングとはウォーキングと同じ位の速さで走ること

日本人の三大病死原因に、がん・脳梗塞・心筋梗塞があります。このうちの2つはメタボリックシンドロームが原因で引き起こされる病です。

但し、メタボリックシンドローム自体は病気ではありません

 


メタボリックシンドロームとは?


メタボリック

メタボリックシンドロームとは、日本語に訳すと<内臓脂肪症候群>と読み腸や肝臓などの臓器に、脂肪が溜まることをいいます。肝臓に脂肪が溜まった状態を脂肪肝といい、人間の肝臓が世界三大珍味の一つフォアグラ状態になっているということ、この脂肪肝は肝硬変や肝臓がんという病気に進行する原因となっています。

そして腸に脂肪が溜まった場合に引き起こされるものとして、

高血圧→動脈硬化→心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、脳出血など次々と命にかかわる病気に進行してしまいます。

 


メタボの基準値は?


よくメタボリックシンドロームの一般的な指標として、ウエストまわりが男性では85cm以上
女性では90㎝以上を目印にいわれていますが実際には、これに加え高血圧や高血糖、
脂質代謝異常この3つのうちの一つが当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。
このサイズ以下の方でも安心はできません。

お腹まわりに付いている脂肪は皮下脂肪、危ないのは内臓脂肪で痩せている方にも隠れメタボの
方はいらっしゃいます。

ご心配な方はCTスキャンなどで内臓脂肪量を測定することをおすすめします。

こんな生活習慣病のリスクは、年とともに増えていくのが現状ですよね。でもできればこんなリスクは減らしたいけど、辛い方法では続けていくのは難しいと考えている方が大半だと思います。(私もその一人 笑)

そこでおすすめなのがお散歩感覚のウォーキング!!


歩くことを楽しくやるために


 

 

 

でも、ただ歩くだけでは楽しくないし、長続き出来そうにありませんよね
そこでお散歩感覚のウォーキングなんです。

身体のため、健康のためということを義務付けるのではなく
朝、少し早く起きて近所を歩いてみたり、たまには普段歩かない路地裏に入ってみたり
そうすると今まで気がつかなかった発見もあるかもしれません。

お休みの日には、ちょっと遠出をしてハイキングもいいですね。

歩く時間としては20分以上がおすすめ
何故かというと、身体の脂肪は20分以上歩く(運動する)ことで燃焼し始めるからなんです。
少し早く歩くといいですね!!

 


効率よく歩くポイント まとめ


 

1.歩く時間としては20分以上

2.楽しく歩く工夫として、いつもと違う環境へ行く。ガイドブックなどを使い、歩くことに理由をつける

3.万歩計で記録し、どれくらい歩いたか計測しておく

 

 

次回は正しい歩き方やおすすめの公園などをお伝えしたいと思います。

 

 

2016-05-04 | Posted in blog, からだComments Closed