blog

便秘解消ミラクル野菜!

☆*:;;;vol.120;;;:*☆
頑固な便秘に
ミラクル野菜
ゴボウの三杯酢漬け
☆*:;;;:*☆☆*:;;;:*☆

 

今回は
水溶性、不水溶性の
食物繊維が
たっぷり含まれた
ゴボウを使った
簡単にできる
お食事時の箸休め
になるお惣菜を
ご紹介します。

時間も手間もかからずに
作れますので

是非一度
お試しください。

材料(作りやすい量)

ゴボウ
(太めのもの)…2本

酢…250cc

しょう油…50cc

砂糖…大さじ3

鷹の爪…少々

<作り方>

1.
ゴボウはよく洗って
10㎝くらいの
長さに切り
5分ほど茹でる

2.
ゴボウを
茹でている間に
分量の調味料を
タッパに入れ、よく
混ぜ合わせておく

3.
ゴボウが
茹で上がったら
厚さ5㎜程度の
斜め切りにし

熱いうちに
三杯酢に漬け込み
冷蔵庫で1時間ほど
冷やせば
出来上がり。

 

<ゴボウ>

主な成分は炭水化物で
そのほとんどが、
消化吸収されない
食物繊維の
イヌリンやヘミセロール
からなっています

最近では
リグニンという
微量成分が
ガン予防や抗菌作用
があるといわれ
注目されています
このリグニンという
成分も消化吸収されずに
水分を取り込み

食べた物の
カサを増やし
腸の動きを活発に
することで
便秘を改善する働き
があります。

また、便通を
よくすることで
腸内の発がん性物質
などの有害物質や
脂肪コレステロールを

体外に排出する
デトックス効果、
ダイエット効果
生活習慣病予防など

多岐にわたって
効果が期待できます。
[便秘改善に
効果的な組合せ]
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
豚肉や鶏レバー、
うなぎの蒲焼などの
ビタミンB1の
豊富な食材や

大豆、植物油、
砂糖など

 

2013-01-25 | Posted in 簡単!薬膳料理, 食べるComments Closed 

 

風菌に負けない!

*********
vol.65
玉ねぎの丸煮
そぼろあんかけ
*********

 

今回は
高い抗酸化力で
免疫力を上げてくれる
成分が豊富な

玉ねぎを丸ごと
煮込んだ料理をご紹介
いたします

これから
もっと寒くなると

今よりも風邪や
インフルエンザが
流行ってきます
そこで、
さび付きを防ぎ
免疫力をつける
ことで
風邪や
インフルエンザに
かかりにくい
体質作りを
していきましょう

<材料>

玉ねぎ…大2個

鶏ひき肉…200g

だし汁…4カップ
(玉ねぎが
かくれるくらい)

しょう油…大さじ4

酒…大さじ3

みりん…大さじ2
(あれば)

砂糖…大さじ2半

塩…一つまみ

片栗粉…適量
作り方

1.
玉ねぎの皮を剥き
鍋に入れ
分量のだし汁を注ぎ
強火にかけます

この時、玉ねぎの
茶色い皮を
お茶パックの袋に
入れて一緒に
煮込むと

コクがでるだけでなく
ケルセチンという
成分も抽出されます

2.
煮立ってきたら
中火にして

分量の調味料と
鶏ひき肉を入れ
30分程コトコトと
煮込んでいきます

3.
玉ねぎが半透明になり
竹串がスーッと
通るようになったら

水溶き片栗粉で
トロミをつけて
出来上がり

※アレンジ
鍋に余っただし汁は
茹でたての
うどんをどんぶりに
盛り付け

そこに温めた
だし汁をかけて
青ネギをトッピング
すれば、
あんかけうどんの
出来上がり!

<玉ねぎ>

ケンフェロールという
成分が豊富に
含まれています

この成分は、
高い抗酸化力だけ
でなくミトコンドリア
の機能を高める
効果が強く

そのミトコンドリアは
各臓器との
つながりが深く

その活性化により
臓器の機能がUPし

風邪や
インフルエンザなどの
ウィルス性の病気を
予防する働き
があります

また、玉ねぎの皮には
ケルセチンという
成分が豊富に
含まれていて

その成分は
ケンフェロールとの
相乗効果により
強力な抗酸化力で
LDLコレステロール
の酸化を防ぎ

動脈硬化の進行を抑え
心筋梗塞や脳卒中
などを予防
してくれます。

 

2013-01-25 | Posted in 簡単!薬膳料理, 食べるComments Closed 

 

カボチャを食べてがん予防

☆*:;;;vol.123;;;:*☆
風邪と冷え予防の
和風スイーツ
☆*:;;;:*☆☆*:;;;:*☆

 

◆カボチャの羊羹◆

カボチャ

 

12月22日は24節気
の一つ(22番目)
冬至です。

この日は一年の中で
昼が一番短く、
夜が長くなります。

昔から冬至には
カボチャを食べて
金運を願い

ゆず湯に入って
無病息災を願う
ならわしがあります。

今回はその
カボチャを使った
いも羊羹ならぬ
カボチャ羊羹をご紹介
したいと思います。

簡単にできますので
是非一度
お試しください。

<材料>

カボチャ…1/2個
(種と皮を
取り除いた状態で
約500g)

寒天…1本

砂糖…60g
(お好みで増減)

塩…一つまみ

水…400㏄
作り方

1.
カボチャは
種と皮を取り除き
適当な大きさに切り、
耐熱容器に入れて
ラップをかけて、
レンジで7~8分加熱する

その間に寒天を
水(分量外)に浸けて
柔らかくしておく

2.
加熱したカボチャを
ボウルに移し
熱いうちにマッシャーで
まんべんなく潰す
(口当たりを
滑らかにしたい
場合は金製のザル
などで裏ごしすると
滑らかになります)

3.
潰したカボチャを
鍋に移し、
そこに分量の砂糖と
塩を入れ弱火で
よく練りあわせる。
(10分くらい)


この時、鍋底が
焦げ付かないように注意

4.
別の鍋に
分量の水と
水気を絞った寒天を
細かくちぎって入れ、
塊がなくなるまで
弱火で寒天を煮溶かす。

5.
寒天が溶けたら、
カボチャの入っている
鍋に移し、弱火にかけ
焦げ付かないように
よく混ぜ合わせる。

6.
タッパなどの容器に
ラップを敷いて
タネを流しいれ、
冷蔵庫で冷やし固めて
出来上がり
<カボチャ>

カボチャの鮮やかな
オレンジ色には
多種多様な色素成分が
含まれています。

βカロテン、リコピン、
ゼアキサンチン、
ルテインなど

βカロテンは
体内に入ると
ビタミンAが生成され
余ったカロテンや
その他の成分は
抗酸化成分として
働きます。

また、ビタミンCは
トマトの約3倍も
含まれていて
βカロテンと一緒に、
発がん性物質の合成を
防ぐ働きをしてくれます。

カボチャの皮や
ワタの部分に
より多くのβカロテンや
その他の栄耀成分が
含まれているので、

調理に使う時はなるべく
皮やワタの部分も
一緒に使うよう
に心がけましょう。

 

2013-01-25 | Posted in 簡単!薬膳料理, 食べるComments Closed 

 

骨格が調整されるとき

☆*:;;;vol.122;;;:*☆
いつもやってる骨格調整どんな意味があるの?
☆*:;;;:*☆☆*:;;;:*☆

 

麻布アドバンスドボディ 骨盤調整

 

前回からのシリーズ骨格調整2回目です。
骨格調整の時、毎回施術前に

・重心側の足

・骨盤の歪み

・肩の高さ

・首の歪み

・頭蓋骨の歪み

このポイントを検査しています。

今回は「骨盤」に
ついてお話します。

このメールを
受信して頂いている方で
当店の骨格調整を受けて

●女性の場合●


・生理痛が軽くなった

・生理前はあんなに
不調だったのに・・

・前は、口を開くと
コキコキと顎が
鳴っていたけど
今は鳴らなくなった

●男性の場合●


・腰の痛みが・・
原因の分からない不調
が改善した

・座骨神経痛が
軽くなった

・足首の重さが
なくなった

そんな体験をされている方もいらっしゃいます。

~~

これから
お話しすることは
・病院では言われせん。
・国家資格を持った
鍼灸・あん摩マッサージ師の方でも学校では教わっていません。

日本古来から、民間療法で「整体」と言う分野がありました。

さかのぼると戦後の、GHQと日本の関係者が法律を決める際

この「整体」をしていた療術師という方達は、

気功など科学で解明できない施術をしていたため「国家資格化」されませんでした。

アドバンスドボディではこの分野の方達が実際、昔から臨床で培ってきた技術が
ベースになってきております

それは、患者様に対して「良い結果」が出ているからです

その理論からいいますと

骨盤は、女性で言えば子宮、卵巣などが骨盤内につられており、

骨盤が歪みねじれる事により生理痛や不調がでます。また骨盤と、頭蓋骨は

「息を吸うと 頭蓋骨が膨らみ 息を吐くと骨盤が膨らむ シーソ―の関係になっていて」

骨盤を調整すると、

・顎関節の改善
・頭痛の改善

などの改善実績をもっています。

又、

骨盤と足首は繋がっており、骨盤がそろうと足首の踝のサイズが変わります。

これは前回お話しした重心側とも関係が深いです。

このようなことから

骨盤を改善

身体全体の不調も改善

という効果が得られます

長くなりましたが5つの調整点の一つ骨盤を調整することでのメリットをわかって頂けたでしょうか?

この技術を創案したことによりさまざまな方の不調を改善でしてきていることは
私達にとっても誇りです。

 

2013-01-25 | Posted in 独自手技_骨格調整Comments Closed