産後の症状改善事例 恥骨編



産後歩くと恥骨が痛い症状は、
「痛み」をとることができます。


家族

【注意】
恥骨の調整は直接、触れることなく正確な骨格調整で改善します。

 

 

最近、肌寒くなりましたね~
今年も施術ベットに、ホットシーツが
ひいてありますので、ホカホカです!

さて、最近のアドバンスドボディですが
妊娠、妊婦、出産のお母さんが続いており
その一部の改善事例をお伝えしようと思います。

過去も数人いらっしゃいましたが、出産後に
恥骨部位が歩くだけで痛いという方です。

考えられることは出産時、骨盤が大きく開き赤ちゃんが出てきます。

その後、又同じ位置に整うはずが
何かしら原因がありうまくかみ合わない
状態ではないかと推察しています。

この方は、出産後の骨盤のケアもしっかりと
出産に対する情報収集をして、

「トコちゃんベルト」などを
使用したのにも関わらず

腰と恥骨が10分くらい歩くと痛くなるということでした。

 

 


出産後恥骨が歩くと
痛みが出るケース


 

実際にいろいろな患者さんに
じっくりヒヤリングしながら
施術するので妊娠中毒もそうですが、
あまり病院では解決できないような
痛みなど、出産後のママは

心身とも疲労しているケースを多くありました。

ママが赤ちゃんにケアをする情報、

例えば、沐浴(もくよく)にしても
1人の赤ちゃんの時と2人の入浴方法が違ったと、
年々より赤ちゃんにとって良いように
変化しているように思います。

さて、はじめにお話しました。

出産後の恥骨部位が痛いというママの場合

 

恥骨の痛み

【状況】

出産前からの体を施術させて
頂いていました。
立ち仕事で、よく腰痛や頭痛、
生理痛などありました。
(数年前から疲労時に骨格調整)

 

【症状】

妊娠出産をへての施術、
10分歩くと恥骨部が痛くなるという状態で、

大きくなったお腹を含め骨盤を
支えるといった目的で使用されるベルトです。

このメーカーのベルトはよくお聞きしますので、
掲載しておきます。

参照:トコちゃんベルトの青葉

 

 

【骨格調整】

西洋医学的に言えば骨盤は不動関節
(動かない関節)
でゆがまないとされていますが・・・。

この場合のケースよくあるのが、
トコちゃんベルトでも言われている
「ゆるみ」といった話ですが
実際には結合縫合部のズレから、
痛みがでると考えています。
(実際何人も改善してきたので)

アドバンスドボディのこれまでの
臨床経験から言うと、

すべてのママに当てはまるという
ことではないですが

立ち仕事や、運動をあまりしない方に
多いように感じます。
結婚されるまでに、仕事でバリバリ働いていて

仕事もおちつき、妊娠→出産

 

というケースです。

このママの場合、恥骨だけでなく
出産後、膝の痛みも訴えていらっしゃいました。

人にもよりますが、
およそ1回の骨格調整で
ほぼ痛みが小さくなります。

それは、全身を連動して
調整する技術を施すからです。

 

【施術後】

2回目いらっしゃったときは、
恥骨の痛みは忘れていました。

今回は、出産後の骨格調整の
お話をしましたが、
結婚、出産は赤ちゃんが、夜泣きする、
夜泣きしないといったことだけでも、
負担が多くなったりします。

また、

実家が東京都外の方など実家近くの病院で出産して、

東京に戻ってきたとき身内や友人が少ないため
簡単な情報が少なかったりするようです。

今はネットがあるのである程度は
情報収集はできるのですが、
信頼性と自分にあった情報がないのが事実です。

今回お伝えしたケース以外にも

・2人出産後、生理痛、頭痛がひどくなった

・出産後生理の出血が多くなりめまいがする

・出産後、腰が痛くなるこが多い

このような症状の改善事例も多く経験しています。

産婦人科・病院によく相談をして、
もし体に関して痛みなどありましたら、
アドバンスドボディまでご相談ください。

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範
アドバンスドボディ代表
・一般社団法人心身健康研究所代表理事
・トータルバランスアプローチ創案者
・世界健康長寿学会正会員
・日本健康医療学会正会員
・健康医療コーディネーター
・NPOユニバーサルスポーツ
 イベントコーディネーター
 (障害者を含むスポーツイベント企画)

2017-11-12 | Posted in からだ, 産後整体Comments Closed 

関連記事