腸内環境改善レシピ2~牛蒡の梅肉和え~


 

腸内環境改善レシピ2

食物繊維、クエン酸たっぷり
腸美人は素肌美人

~牛蒡の梅肉和え~

 

※2015年3月29日の投稿です。

 

 


アドバンスドボディの高水です。

靖国神社の桜が咲き、東京でも
開花宣言がされましたね。
(5輪以上咲くと開花宣言)

東京の開花は例年より3日ほど
早いそうですがニュースでは
今年はいつもより花を楽しめる時期が
長いそうで、お花見が楽しみです。

但し、この季節、気温の変化が
激しくなりがちで体調を崩しやすくなります
体調管理には十分気を付け下さいね。

そこで今回は腸内環境改善レシピ2として

食物繊維が豊富な牛蒡と
クエン酸たっぷりの梅干を
使った、

牛蒡の梅肉和えをご紹介したいと
思います。
腸は「第二の脳」ともいわれ
身体だけでなく精神面の健康にも深く
関与している内臓です。

腸内環境を整えておくことで
身体全体を健康に保つことができます。

簡単に作ることができるので
是非一度お試し下さい。

 

<材料(作りやすい分量)>

・牛蒡…200g

・梅干…2粒

・昆布だしの素…少々

・削り節…大さじ2

<作り方>

1.

牛蒡は皮を包丁の背でこそぎ
笹がきにして、沸騰した湯でサッと茹で
ザルに上げ、水気を切っておく

2.

梅干は種を取り除き、包丁で叩いて
ペースト状にし、そこに昆布出汁と削り節を
加えてよく馴染ませておく

3.

ボウルに牛蒡と2を加え
よく和えれば出来上がり

<期待できる効能>

~ 牛蒡 (ごぼう)~

中国ではもともと薬草として用いられており
日本にも千年ほど前に薬草として伝えられました。

食用として使われるようになったのは
平安時代の頃からです。

牛蒡は主に炭水化物からなり
その中のセルロースやリグニンといった
食物繊維が腸の蠕動運動を活発にし

腸の善玉菌を増やし、便秘を解消することで
コレステロールを排除したり、中性脂肪や
などを排出し高脂血症や糖尿病、大腸がんといった
生活習慣病を予防してくれます。

便秘はにきびや吹き出物の原因にもなりますので
便秘の解消は肌トラブルの改善にもつながります。

 

この記事を書いた人

高水 ひろみ
高水 ひろみ
東京都品川区大井町出身
アドバンスドボディ店長
一般社団法人心身健康研究所 理事
小顔調整師、TBA整体™
エステティシャン
レンゲ経絡™カッサマッサージ創案者

2015-03-29 | Posted in blog, からだ, 簡単!薬膳料理, 食べるComments Closed 

関連記事